事故防止

予防保全について

故障になってから対応するのでは遅すぎる。何とかして故障に至る前に要因を見つけ出して 部品交換及び補修の提案をいたします。要因判断として 統計予測・寿命予測・経験予測を充分に生かし点検を行います。
 
電気管理技術者は高圧電気設備の安定運転維持を目的に下記事項の業務を遂行しています。
  1. 高圧電気設備の新設・改修の工事には、電気保全確保ため助言協力いたします。
  2. 高圧電気設備の竣工時には、電気管理技術者が責任者となり法定自主検査・竣工検査を実施いたします。
  3. 『保安規程』に基づき定期点検・年次点検を実施し、その結果を詳細に記録報告いたします。
  4. 点検の結果 技術基準に適合しない設備、及び電気安全確保の改良が必要とされる設備を発見した場合には、改修・改善を要請いたします。
  5. 劣化が進んでいる高圧電気設備には、計測機器点検の頻度を多く行い対応策を提案いたします。
  6. 電気事故が発生した時には、現地に行き応急的対策をいたします。
  7. 委託事業所の電気保安意識の高揚のために保安教育を行っています。
  8. 作業前に『危険予知活動』を実施し、安全優先で業務を行います。
予防保全
予防保全
予防保全
一般社団法人北海道電気管理技術者協会
〒060-0041
北海道札幌市中央区大通東3丁目2番地北海道電気会館4F
TEL.011-596-8312
FAX.011-596-8313