本文へ移動
0
8
5
4
7
8
協会本部アクセス

◎帯広支部 新着情報◎

2023-01-14
帯広支部のページを公開しました。

帯広支部概要

支部所在地:
 〒080ー0805
 帯広市東5条南19丁目2番地52
TEL:(0155)21ー3384
FAX:(0155)21ー3384

支部長:須藤 健也
会員数:19名(内 準会員1名)
受託件数:854件

支部長挨拶

 帯広支部は、帯広市・音更町・浦幌町・清水町・芽室町在住の計19名で運営しており、職域として、上記地域を主に約854件程度の受託を頂き、日々電気保安管理業務に従事しております。

支部紹介

 支部の会員は50代~80代で構成されており、前職も多種多様の経験者揃いです。
 現在はコロナ禍のため活動を制限していますが、定期支部会・技術研修会など開催し、会員相互のスキルアップを図っています。
 十勝といえば、農業王国と言われています。基幹産業として経済活動のベースとなっています。畑作、酪農等、多方面に亘って活発ですが、特に畜産、酪農では作業の機械化、自動化が進みつつあり、人手不足を補おうとしています。
 酪農においては、乳牛の搾乳をロボット搾乳機(ほぼ欧米製)で行い、牛個体の管理はコンピューターで行われ、全てにおいて、電気が必要不可欠となっています。その電気設備についても、高圧受電の自家用電気工作物となり、キュービクル経由で施設の電気を供給する形に変化しようとしています。十勝の会員は、最低でも1件は酪農家さんのお客様を受託している状況です。
 さて、十勝地方は「十勝晴れ」と言われるように、他地域と比較して日照時間が長く恵まれた土地であることから、太陽光発電も早い時期から導入され、その数も多数あります。しかし、PCS、太陽光パネルは、海外製のものも少なくなく、簡易的で英文のみの取扱説明書しかないところは、苦労している会員もいます。
全国的にも有名な夏の勝毎花火大会

地域紹介

 北海道の道東地方に位置する十勝。人口は約36万人で、帯広市をはじめとする1市16町2村で構成されています。十勝といえば畑作、酪農など農業がさかんなことで有名。カロリーベースの試算によると、十勝の食料自給率はなんと約1,100パーセント。日本の食料基地とも言われ、おいしい食材に恵まれた地域なのです。
 また、四季折々の自然を楽しむことができるのも十勝の魅力。特に冬の間は日高山脈で雪雲が遮られる影響で、晴天の日々が続き、通称「とかち晴れ」とも呼ばれます。
広大で自然豊かな十勝平野
十勝が誇るばんえい競馬
冬でもオープンの北の屋台

支部からの発信

 入会をお考えの方または御興味のある方は、帯広支部宛に御連絡下さい。
TOPへ戻る